HER2遺伝子変異のある進行固形癌に対し、経口の不可逆的pan-HERチロシンキナーゼ阻害薬neratinibの単剤治療は乳癌などの癌種で抗腫瘍効果が認められることが、バスケットデザインの国際的オープンラベルフェーズ2試験SUMMITの中間解析で明らかになった。米国Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのDavid M. Hyman氏らが、4月1日から5日まで米ワシントンで開催されているAACR年次集会で発表した。

HER2遺伝子変異のある乳癌を含む固形癌でneratinibの抗腫瘍効果を確認【AACR2017】の画像

ログインして全文を読む