HER2陽性早期浸潤性乳癌患者に対する術後補助療法として、ペルツズマブとハーセプチンを併用することが有効であることが明らかとなった。国際無作為化二重盲検フェーズ3試験APHINITYの結果、化学療法とトラスツズマブ、プラセボを投与した群に比べて、化学療法とトラスツズマブ、ペルツズマブを投与した群の方が、iDFS(浸潤性乳癌がなく生存している期間)を有意に延長できることが示されたもの。3月2日にスイスHoffmann-La Roche社などが発表した。

ペルツズマブとハーセプチンの併用がHER2陽性早期浸潤性乳癌の術後補助療法として有効の画像

ログインして全文を読む