胃癌に対するFOLFOX療法の保険請求が審査上認められることになった。社会保険診療報酬支払基金が審査情報提供事例を2月27日に更新した中に、使用例として、「原則として、『フルオロウラシル、レボホリナートカルシウム、オキサリプラチン【注射薬】』を『症状詳記等により医学的妥当性があると判断』された場合、『胃癌に対するFOLFOX療法』の投与を審査上認める」と記載したことによるもの。

胃癌に対するFOLFOX療法が保険請求可能にの画像

ログインして全文を読む