転移を有する淡明細胞型腎細胞癌(CC mRCC)患者に対する治療シークエンスとして、スニチニブ→ソラフェニブとソラフェニブ→スニチニブを比較した日本の多施設共同のランダム化比較試験、CROSS-J-RCCから、1次治療の無増悪生存期間(PFS)、合計(1次治療と2次治療)のPFSと全生存期間(OS)の最終解析が示された。2月16日から18日まで米国オーランドで開催された2017 Genitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2017)で、新潟大学大学院医歯学総合研究科腎泌尿器病態学・分子腫瘍学分野の冨田善彦氏が発表した。

淡明細胞型mRCCに対する治療シークエンス、スニチニブ→ソラフェニブとソラフェニブ→スニチニブの最終解析が発表【ASCO GU2017】の画像

ログインして全文を読む