転移を有する尿路上皮癌(mUC)や他の泌尿器癌に対して、cabozantinibとニボルマブの併用、cabozantinibとニボルマブ、イピリムマブの併用が有望であることが明らかとなった。併用を評価するフェーズ1試験で、両併用とも忍容性が確認され、一部の患者で抗腫瘍効果が確認された。2月16日から18日まで米国オーランドで開催されているGenitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2017)で、米National Cancer InstituteのAndrea B. Apolo氏によって発表された。

尿路上皮癌などの泌尿器癌にcabozantinibとニボルマブやイピリムマブの併用が有用な可能性【ASCO GU2017】の画像

ログインして全文を読む