転移を有する去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)の1次治療として、化学療法(CT)と抗アンドロゲン薬(AT)を比較した結果、全生存期間(OS)に有意な違いはないことが、レトロスペクティブ解析で明らかになった。また前治療のアンドロゲン遮断療法(ADT)の治療期間が短い患者では1次治療としてCTのほうが有用である可能性も示唆された。2月16日から18日まで米国オーランドで開催されているGenitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2017)で、米University of AlabamaのGuru Sonpavde氏らが発表した。

転移のある去勢抵抗性前立腺癌で化学療法と抗アンドロゲン薬の1次治療のOSは有意差なし、リアルワールドの結果【ASCO GU2017 】の画像

ログインして全文を読む