中外製薬は、腎細胞癌を対象に抗PD-L1抗体atezolizumabを術後補助療法として投与する国際共同フェーズ3試験を2017年1月から開始したことを発表した。また、2016年12月には尿路上皮癌の1次治療として、atezolizumabを投与する国際共同フェーズ3試験にも参加した。2月1日に都内で開催された同社の2016年決算説明会で明らかにされた。

抗PD-L1抗体atezolizumabの腎癌術後補助療法のフェーズ3が開始の画像

ログインして全文を読む