ソラフェニブ治療で進行した肝細胞癌に対し、レゴラフェニブによる2次治療はプラセボに比べて、増悪パターンの違いに関わらず生存を改善することが、フェーズ3試験RESORCEの探索的解析で明らかになった。1月19日から21日まで米国サンフランシスコで開催されているASCO 2017 Gastrointestinal Cancers Symposiumで、スペインHospital Clinic, University of BarcelonaのJordi Bruix氏らが発表した。

ソラフェニブ治療で進行した肝細胞癌へのレゴラフェニブは増悪パターンに関わらず生存を改善【ASCO GI2017】の画像

ログインして全文を読む