深達度SS/SEの切除可能胃癌に対する網嚢切除の意義を検討したランダム化比較フェーズ3試験JCOG1001で、網嚢切除による有意な全生存期間の改善は見られないことが明らかになった。1月19日から21日まで米国サンフランシスコで開催されているGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI 2017) で、静岡がんセンター胃外科の寺島雅典氏らが発表した。

深達度SS/SEの切除可能胃癌に対し網嚢切除で全生存期間の改善は見られない【ASCO GI2017】の画像

ログインして全文を読む