フルオロピリミジン/白金系製剤による治療で増悪した進行胃癌、胃食道接合部癌患者に、パクリタキセルに加えてエベロリムスを併用してもパクリキセルにプラセボを投与した場合に比べて、全生存期間(OS)の有意な延長効果は認められないことが明らかとなった。無作為化二重盲検フェーズ3試験RADPACの結果示されたもの。1月19日から21日まで米国サンフランシスコで開催されているGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2017)で、ドイツKrankenhaus NordwestのSalah-Eddin Al-Batran氏によって発表された。

進行胃癌の2次治療以降でのパクリタキセルへのエベロリムス上乗せは効果なし【ASCO GI2017】の画像

ログインして全文を読む