進行胃・胃食道接合部腺癌に対するラムシルマブの有効性と安全性は、年齢に関わらず認められることが明らかとなった。世界規模で行われた2件のフェーズ3試験の年齢によるサブグループ解析の結果、示されたもの。1月19日から21日まで米国サンフランシスコで開催されているGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2017)で、愛知県がんセンター中央病院の室圭氏によって発表された。

進行胃癌の2次治療でのラムシルマブの有効性と安全性は年齢に関わらず認められる【ASCO GI2017】の画像

ログインして全文を読む