進行非小細胞肺癌(NSCLC)の1次治療として、ニボルマブとイピリムマブの併用療法は、ニボルマブ単剤療法と比べて、奏効率、無増悪生存期間(PFS)、1年全生存率を改善するとみられることが、フェーズ1のCheckMate 012試験の長期追跡結果から示された。オーストリア・ウィーンで12月4日から7日まで開催されている第17回世界肺癌学会(WCLC2016)で、米国Yale Cancer CenterのScott N. Gettinger氏が発表した。

NSCLCの1次治療でニボルマブ+イピリムマブが高い効果、長期追跡結果【WCLC2016】の画像

ログインして全文を読む