MSDは9月28日、ヒト化抗ヒトPD-1モノクローナル抗体ペムブロリズマブについて、根治切除不能な悪性黒色腫を対象に厚生労働省から製造販売承認を取得したと発表した。薬価収載後発売される見通しで、悪性黒色腫に対する抗PD-1抗体としてはニボルマブに次いで2番目となる。投与対象にPD-L1発現度合いの縛りはない。

抗PD-1抗体ペムブロリズマブが悪性黒色腫を対象に承認の画像

ログインして全文を読む