アミノ酸シスチン・テアニンの経口投与が、癌の支持療法として有効である可能性が明らかとなった。各種抗癌剤投与症例の口内炎に対する治療効果を調べた臨床研究とS-1投与時の副作用軽減効果を調べた臨床研究の結果示されたもの。9月3日から4日に都内で開催された日本がんサポーティブケア学会学術集会で、仙台市医療センター仙台オープン病院院長の土屋誉氏によって発表された。

シスチン・テアニンの経口投与は癌の支持療法として有効である可能性の画像

ログインして全文を読む