ノバルティス ファーマは、8月26日、mTOR阻害薬エベロリムスの神経内分泌腫瘍(NET)に対する効能追加の承認を取得したと発表した。エベロリムスは既に膵NETについては承認されている。今回の効能追加により、消化管または肺原発のNETにも使用できるようになった。

エベロリムスが消化管、肺原発のNETにも使用可能にの画像

ログインして全文を読む