米Bristol-Myers Squibb社は8月5日、未治療進行非小細胞肺癌(NSCLC)を対象にしたニボルマブ単剤投与のフェーズ3試験CheckMate-026において、主要評価項目であるPD-L1発現が5%以上の患者における無増悪生存期間(PFS)の有意な延長が達成できなかったと発表した。

ログインして全文を読む