プロスタグランジンE2(PGE2)受容体のサブタイプの1つであるEP4を阻害する経口投与可能な低分子化合物であるE7046について、局所進行大腸癌を対象に術前放射線療法と併用するフェーズ1b/2試験を2016年度中に開始予定であることをエーザイが明らかにした。また、6月から肝細胞癌、肝内胆管癌を対象に、FGFR4の阻害剤であるH3B-6527のフェーズ1試験を開始した。さらに進行性血液がんを対象にスプライシング因子SF3B1のモジュレーターであるH3B-8800のフェーズ1試験を201年上期中に開始する。これらは8月3日に開催された、同社の2017年3月期 第1四半期決算説明会で明らかにされた。

ログインして全文を読む