経口汎CDK阻害薬roniciclib(BAY1000394)が日本人固形癌に有用である可能性が明らかとなった。フェーズ1試験で忍容性が確認され、一部の患者で抗腫瘍効果が確認されたもの。7月28日から30日まで神戸市で開催された日本臨床腫瘍学会で、九州がんセンターの瀬戸貴司氏によって発表された。

経口汎CDK阻害薬roniciclibが日本人固形癌に有用である可能性の画像

ログインして全文を読む