進行胃癌に対する2次治療として、nab-パクリタキセルの毎週投与は、パクリタキセルの毎週投与に対して全生存期間(OS)について非劣性であることが明らかとなった。フェーズ3試験ABSOLUTEの結果、示されたもの。7月28日から30日まで神戸市で開催された日本臨床腫瘍学会で、埼玉県立がんセンターの原浩樹氏によって発表された。

進行胃癌の2次治療でnab-パクリタキセル毎週投与はパクリタキセルの毎週投与に生存について非劣性の画像

ログインして全文を読む