日本人のALK阻害薬未治療のALK転座陽性非小細胞肺癌(NSCLC)患者に対し、アレクチニブはクリゾチニブよりも無増悪生存期間(PFS)を有意に延長できることが明らかとなった。無作為化オープンラベルフェーズ3試験J-ALEXの結果、示されたもの。6月3日から7日までシカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2016)で、国立がん研究センター中央病院の軒原浩氏によって発表された。

ログインして全文を読む