進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者で抗PD-1抗体の投薬後、RECISTで増悪となった患者に抗PD-1抗体を継続することで利益が得られる患者は限定的であることが示された。白金系抗癌剤併用療法後の進行NSCLC患者への抗PD-1抗体投与の有効性を証明した、臨床試験のデータをプール解析した結果示されたもの。6月3日から7日めでシカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2016)で、米Food and Drug AdministrationのDickran Gano Kazandjian氏によって発表された。

ログインして全文を読む