II期の大腸癌に対して術後に1年間テガフール-ウラシル(UFT)を投与しても、手術のみよりも有意に再発を抑えることができないことが分かった。国内で実施された無作為化フェーズ3試験SACURAの結果、示されたもの。6月3日から7日までシカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2016)で、防衛医科大学校の梶原由規氏によって発表された。

ログインして全文を読む