RET融合遺伝子を有する進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者に対し、RETチロシンキナーゼ活性を阻害するvandetanibは高い抗腫瘍効果を示すことが、日本の医師主導のフェーズ2試験(LURET)から明らかになった。6月3日から7日までシカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2016)で、国立病院機構九州がんセンター統括診療部呼吸器腫瘍科の瀬戸貴司氏が発表した。

ログインして全文を読む