腹膜転移を有する胃癌に対して、S-1/パクリタキセルの静脈内投与に加えてパクリタキセルの腹腔内投与を行う方法は、進行胃癌に対する標準療法であるS-1/シスプラチンの全身投与よりも全生存期間(OS)が延長できる可能性が明らかとなった。国内で実施されたフェーズ3試験、PHOENIX-GCの結果示されたもの。6月3日から7日までシカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2016)で、東京大学の石神浩徳氏によって発表された。

ログインして全文を読む