アキシチニブを用いた術前補助療法により、cT2の腎細胞癌(RCC)がcT1にdownstagingし、対象の約70%でネフロンを保護する手術が可能になったことが、前向きのフェーズ2のAXIPAN試験から示された。1月7日から9日まで米サンフランシスコで開催された2016 Genitourinary Cancers Symposiumで、フランスParis XI University HospitalのJean-Jacques Patard氏が発表した。

ログインして全文を読む