進行大腸癌に対する1次治療として、導入療法のFOLFOX+ベバシズマブよりも同時FOLFOXIRI+ベバシズマブ(同時にFOLFOXIRIとベバシズマブ投与を行う)の方が有用である可能性が明らかとなった。奏効率、無増悪生存期間(PFS)、転移部位切除について同時FOLFOXIRI+ベバシズマブ群の方が良好な傾向が認められた。また、連続FOLFOXIRI+ベバシズマブ群(FOLFOX+ベバシズマブとFOLFIRI+ベバシズマブを交互に行う)、プールFOLFOXIRI+ベバシズマブ群(同時FOLFOXIRI+ベバシズマブ群と連続FOLFOXIRI+ベバシズマブ群を合わせた群)でも同様な傾向が見られた。

ログインして全文を読む