日常的にアスピリンの投与を行うと前立腺癌による死亡のリスクが減少できる可能性が明らかになった。また前立腺癌と診断された後に日常的にアスピリン投与を受けると死亡のリスクが減少する可能性も分かった。しかしアスピリンを日常的に投与されても、前立腺癌の全体の発生率、高グレード前立腺癌の発生率、進行前立腺癌の発生率とは関係がなかった。米国で行われた長期観察研究Physicians Health Studyの結果示されたもの。

ログインして全文を読む