米Wisconsin-Madusib大学のAmye Tevaarwerk氏らは、転移性の癌と診断された患者を対象とする調査のデータを分析し、患者の3分の1超が診断後も仕事を続けていること、それを可能にするのは症状の適切な管理であることを明らかにした。研究の結果は、Cancer誌電子版に2015年12月21日に報告された。

ログインして全文を読む