寛解状態にあるホジキンリンパ腫の女性において、診断後の妊娠は再発リスクを高めるというエビデンスはないことが確認された。スウェーデンKarolinska Institutet のCaroline E. Weibull氏らが、Journal of Clinical Oncology誌電子版12月14日号に発表した。

ログインして全文を読む