エストロゲン受容体陽性HER2陰性閉経後進行乳癌に1次治療としてpalbociclibとレトロゾールの併用投与を行っても次の治療を受ける能力は損なわれず、レトロゾールのみの投与を行った場合と同じ頻度で数多くの次治療を受けられていることが明らかとなった。1次治療としてpalbociclibとレトロゾールの併用投与とレトロゾールのみを投与する群とを比較したフェーズ1/2試験、PALOMA-1/TRIO1で増悪した後の治療パターンを解析した結果示されたもの。

ログインして全文を読む