内分泌療法後に進行したホルモン受容体陽性HER2陰性転移性乳癌患者に、フルベストラントに加えてCDK4/6阻害薬palbociclibを投与した群(palbociclib群)は、フルベストラントに加えてプラセボを投与した群(プラセボ群)に比べて、有意に効果が高く、安全性に新たな問題は見つからなかった。両群を比較したフェーズ3試験PALOMA-3の長期観察の結果、判明したもの。

ログインして全文を読む