内分泌療法後に進行したホルモン受容体陽性HER2陰性転移性乳癌患者に、フルベストラントに加えてCDK4/6阻害薬palbociclibを投与した場合、多くの副作用は症状のない血液学的な毒性で良好な安全性プロファイルであることが明らかとなった。フルベストラントに加えてCDK4/6阻害薬palbociclibを投与した群(palbociclib群)と、フルベストラントに加えてプラセボを投与した群(プラセボ群)を比較したフェーズ3試験PALOMA-3試験の安全性アップデート解析の結果、示されたもの。重篤な副作用は少なく、両群で同等だった。

ログインして全文を読む