閉経後ホルモン受容体陽性乳癌の術後療法として、アロマターゼ阻害薬(AI)に抗RANKLヒト型モノクローナル抗体製剤デノスマブを加えて投与すると、無病生存期間(DFS)が改善できることが明らかとなった。デノスマブには骨折抑止効果があることに加えて、DFS改善効果もあることが認められた。

ログインして全文を読む