再発または再発・難治多発性骨髄腫(MM)に、抗ヒトCD38モノクローナル抗体daratumumabとレナリドミド、デキサメサゾンの併用投与は、深く持続的な効果を発揮することが明らかとなった。3剤を併用したフェーズ1/2試験GEN503のアップデートで、拡大コホートの解析が行われた結果、示されたもの。12月5日から8日までオーランドで開催されている米国血液学会(ASH2015)で、デンマークVejle HospitalのTorben Plesner氏によって発表された。

ログインして全文を読む