米Bristol-Myers Squibb社と米Abbvie社は、2015年11月30日、ヒト化モノクローナル抗体elotsuzumabが、米食品医薬品局(FDA)の承認を得たと発表した。適応は、1から3種類の前治療の経験を有する多発性骨髄腫の患者となっており、レナリドミド、デキサメタゾンと併用される。

ログインして全文を読む