米国食品医薬品局(FDA)は11月23日、抗PD-1抗体ニボルマブの既治療の進行または転移を有する腎細胞癌への適応拡大を承認した。欧州でも申請が受理されており、小野薬品は、国内の腎癌への適応拡大申請を「遠からず行いたい」(広報部)とし、年内にも行う見込みだ。

ログインして全文を読む