日本肝胆膵外科学会と肝臓内視鏡外科研究会は11月11日、腹腔鏡下肝切除術を正しく評価し、より安全に提供するため、全例前向き登録制度を開始したと発表した。

ログインして全文を読む