スイスRoche社は11月11日、米国食品医薬品局(FDA)が、BRAF V600EもしくはV600K変異陽性の切除不能または転移を有する悪性黒色腫を適応症として、MEK阻害薬cobimetinibをBRAF阻害薬ベムラフェニブとの併用で承認したと発表した。

ログインして全文を読む