進行乳癌患者の中には、長期の無増悪生存期間(PFS)が得られる集団が含まれている。少数ではあるが重要なこの集団を特定し、治療するための最良の方法を検討する臨床試験が必要である。11月5日から7日までポルトガル・リスボンで開催され、84カ国から約1200人が参加したAdvanced Breast Cancer Third International Consensus Conference(ABC3)において、エキスパートたちが訴えた。

ログインして全文を読む