2人の英国研究者が乳癌治療におけるアフォーダビリティ(購入のしやすさ)や治療アクセスについて講演し、すべての国が新しい高価な薬を使う必要はなく、それ以前に医療体制を整えることのほうが重要であるとの見解を示した。この内容は、ポルトガル・リスボンで11月5日から7日まで開催された第3回Advanced Breast Cancer Conference(ABC3)で発表された。

ログインして全文を読む