日本人の進行頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)に、抗PD-1抗体pembrolizumabが有効である可能性が明らかとなった。フェーズ1b試験KEYNOTE-012の、頭頸部癌コホートにおける日本人患者のデータから示されたもの。10月29日から31日まで京都市で開催された第53回日本癌治療学会で、国立がん研究センター東病院の田原信氏によって発表された。

ログインして全文を読む