米Amgen社は、2015年10月27日、腫瘍溶解性ウイルス療法の治療薬であるtalimogene laherparepvecについて、米食品医薬品局(FDA)が生物学的製剤承認申請(BLA)を承認したと発表した。適応は、黒色腫で初回手術後に再発した患者の切除不能な皮膚、皮下、リンパ節の病変に対する局所治療となる。

ログインして全文を読む