米国食品医薬品局(FDA)は10月22日、ゲムシタビンを用いた化学療法による治療歴がある転移性膵癌患者を対象に、リポソーム化イリノテカン注射剤(MM-398、nal-IRI)をフルオロウラシルとロイコボリンとの併用で承認したと発表した。

ログインして全文を読む