免疫チェックポイント阻害薬は、従来の抗癌剤と比較して特に長期生存に大きく影響するといわれてきましたが、肺癌に対しても全生存期間(OS)を延長することが抗PD-1抗体ニボルマブの2つの臨床試験で確認されました。

抗PD-1抗体ニボルマブが標準薬を上回る生存成績【WCLC2015 / ECC2015】の画像

ログインして全文を読む