米食品医薬品局(FDA)は、2015年10月5日、新規に多形性膠芽腫と診断された患者を対象として、治療用の交流電場を発生させる装置「オプチューン」の適応拡大を承認したと発表した。オプチューンによる治療は、標準的治療として手術、化学療法、放射線療法が行われた後、抗悪性腫瘍薬テモゾロミドの投与とともに行われる。

ログインして全文を読む