転移性腎細胞癌に対するスニチニブの術前補助療法において、無増悪生存期間(PFS)には可溶性VEGFR2(sVEGFR2)とSDF-1が、全生存期間(OS)はs-VEGFR1が予測マーカーになる可能性が、多施設共同フェーズ2試験PREINSUT試験の生物学的パラメータの解析で明らかになった。9月25日から29日までオーストリア・ウイーンで開催されたEuropean Cancer Congress(ECC2015)で、フランスHopital Europeen Georges Pompidou-AP-HPのL. Mauge氏らが発表した。

ログインして全文を読む