転移を有する非淡明細胞型腎細胞癌(ncRCC)に対し、テムシロリムスとスニチニブによる治療はいずれも実行可能であり、予備的なデータから無増悪生存期間(PFS)はスニチニブで良好な傾向であることが、フェーズ2試験から示された。 9月25日から29日までオーストリア・ウィーンで開催されているEuropean Cancer Congress 2015(ECC2015)で、ドイツUniversity Hospital FrankfurtのL.Bergmann氏が発表した。

ログインして全文を読む