転移を有する腎細胞癌において、早期の腫瘍縮小(eTS)は、効果予測および予後予測を示し、臨床試験のエンドポイントとなりうることが、大規模データベースを用いた解析で明らかになった。 9月25日から29日までオーストリア・ウイーンで開催されているEuropean Cancer Congress(ECC2015)で、ドイツHannover Medical SchoolのV. Grunwald氏らが発表した。

ログインして全文を読む