抗DLL3(delta like protein 3)抗体-薬物複合体製剤であるrovalpituzumab tesirine(Rova-T)が再発難治性の小細胞肺癌(SCLC)に有効である可能性が明らかとなった。フェーズ1試験の結果、忍容性と抗腫瘍効果が確認されたもの。SCLCで初めての分子標的薬になる可能性があるという。9月25日から29日までオーストリア・ウィーンで開催されているEuropean Cancer Congress 2015(ECC2015)で、米Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのM.C. Pietanza氏によって発表された。

ログインして全文を読む