中腸の神経内分泌腫瘍(NET)に対し、177 Lu-Dotatateを用いた放射性核種標識ペプチド治療(PRRT)とオクトレオチドLARの併用は、オクトレオチドLAR単独よりも、無増悪生存期間(PFS)を有意に改善することが、フェーズ3試験NETTER-1で明らかになった。9月25日から29日までオーストリア・ウイーンで開催されているEuropean Cancer Congress(ECC2015)で、フランスHospital BeaujonのPhilippe Ruszniewski氏らが発表した。

ログインして全文を読む